考える力を育むのに活用できる情報

>

知育をメインにしたカードゲーム

知育ゲームとしては

知育が目的のカードゲームは、その目的が細かく分かれています。
国旗当てゲームや言葉(英語など)を覚えるものなど記憶力を高めるものは、比較的多く目にしますよね。
それから、フラッシュカード。
イラストや単語などが書かれているたくさんのカードを一瞬見せて、視覚から記憶させるというもの。
子供の早期教育によく使用されているものです。
一方で、図形など数学的な思考力を鍛えるためのカードゲームもあります。
形の認識だけではなく、平面に立体図形が描かれていて、空間把握ができるように訓練するゲームなど、大人もなるほどと思うものも。
探すとたくさんの種類のカードゲームが出てきます。
いずれも「考える力」を身につけることを目的に開発されています。
まずは手に取ってみてはいかがでしょうか。

教育サービスを利用するのも一つです

楽しく遊ぶだけのカードゲームではなく、「考える力」を育ててあげたい、という目的があるのであれば、教育サービス系企業が出しているカードゲームを利用するのもいいでしょう。
企業によってコンセプトや方向性が違うので、ある程度リサーチが必要ですが、子供の思考力を伸ばしてやりたいという目的は一つですので、それほどの差はないはずです。
カードゲームだけではなくて、他の教材も合わせてチェックしてみて、子供に合いそうなものを選んであげましょう。
子供の好みもありますし、合わなかったということもあるかもしれませんが、それはほかのカードゲームも同じこと。
そういう点では、ゲームがメインのもの、海外製のもの・教育サービス系企業のものと、公平な目で選ぶと失敗がないはずです。