考える力を育むのに活用できる情報

>

何のために力をつけるのか

お受験を見据えた「考える力」

学習目的でのカードゲームは、いわゆる「お受験」と呼ばれる小学校受験対策にも度々使用されます。
小学校受験をするのは未就学児ですから、それほど知識や思考力が付いているわけではなく、テストも一般的な受験イメージとは違うものです。
これから先を見据えて、今備わっている考え方や考える力をさらに伸ばすように、カードゲームで訓練することは、それ自体が良い経験になり、受験対策としても有効なのでしょう。
また、どういった環境で育ってきたのかという情報の一部にもなり、それは親側の評価材料になるようです。
楽しんで力を伸ばしたいと思って選ぶのがカードゲーム。
でも、それ以上の意味を持つこともあるんですね。
ちょっと身構えてしまうかもしれませんが、そうした側面があることも知っておきましょう。

勉強以外にも身につけること

考える力が発揮されるのは学力を問われるときだけでなく、日常生活でも頻繁にその機会があります。
人が社会生活を営む上で、必要とされる作法や礼儀。
そのルールができた事情や、礼儀が大切にされる理由を「どうして?」と考えることも、十分な思考力アップの訓練です。
そうした社会的なルールや生活をテーマにしたカードゲームもあり、必要な力を無理なく身につけることができます。
生きていくことは、考えること・選択することです。
親の助けがなくても、物事を判断できるだけの力や知恵を持っていれば、それだけで安心です。
学力だけではなく、生きていくための力「考える力」を身につけることで、しっかりと自分の足で立ち、歩いていけるように導いてあげたいものですね。